再生因子Cysay

幹細胞とは

すべてはここからはじまる 

幹細胞とは

幹細胞とは、生体の組織や臓器になる前の「もと」となる細胞のこと。
幹細胞は、分裂して自分と同じ細胞を作る能力(自己複製能)と、
別の種類の細胞に分化する能力(多分化能)を持ち増殖できます。

私たちの体は、絶えず細胞が様々な活動を行い、
役目が終わればまた新たに入れ替わるという働きがあります。

この失われた細胞を再生させては補充するという
重要な役目を担っている細胞が「幹細胞」です。

肌の表皮には「表皮幹細胞」、
真皮には「真皮幹細胞」のそれぞれの幹細胞が存在しています。
真皮幹細胞は、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作り出し
若々しい肌を保つ働きのある線維芽細胞(せんいがさいぼう)を生み出します。

老化による真皮幹細胞の減少や、紫外線、
ストレスなどのダメージにより、線維芽細胞の働きが衰えると、
肌再生の新陳代謝は鈍り、
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が失われることで、
肌はハリや弾力、水分を失い、
しぼんだ風船のようにシワやたるみが現れてきます。

ハリのある若々しい肌を保つには、
真皮幹細胞が作り出す線維芽細胞が不可欠です。

「幹細胞」の可能性を引き出す 幹細胞培養上清とは

幹細胞培養上清とは、幹細胞を培養する過程で幹細胞が培養液に放出する「生理活性物質」の上澄み(上清)のことです。幹細胞培養上清には、肌に関係するEGF(上皮成長因子)・FGF(線維芽細胞増殖因子)・IGF(インシュリン様成長因子)・TGF(トランスフォーミング増殖因子)など多数の成長因子や生理活性物質が含まれます。

これらの成長因子や生理活性物質の有効成分が、肌の表皮幹細胞や真皮幹細胞に働きかけ、肌の衰えやシワ、たるみにアプローチしていきます。

「培養液」と「培養上清」の違いについて

美容業界で注目されている幹細胞関連製品の原料には「培養液」と「培養上清」の製品が存在します。 「培養上清」は培養液の上澄み部分で、これは培養液から数パーセントしか採取できない貴重なものです。純度が高く機能性に優れているため、Cysayは「培養上清」を採用しています。

幹細胞培養上清とは

生物製剤の不可能を変えた 不死化幹細胞を使用

幹細胞は「生物製剤」。
良い状態のものもあればそうでないものもあり、品質が安定しないのが弱点でした。親となる幹細胞は時間の経過とともに死滅してしまうため、同じクオリティの幹細胞を見つけるのが難しく、製品の質にバラつきが出てしまいます。このデメリットを解消したのが「幹細胞の不死化」です。(国際特許取得出願)

優秀な幹細胞を選び、不死化させることで常に安定した成分を生成する幹細胞が誕生し、製品の機能性にバラつきがなく、良質なものを安定供給することが可能となりました。

これができるのはCysayだけです。

幹細胞は生物製剤

不死化した幹細胞の培養上清を使ったCysayとは

「Cysay」とは、幹細胞を培養する過程において細胞培養液に放出される230種類以上の生理活性物質の総称。前述の「不死化幹細胞培養上清」のことです。

単独の生理活性物質は近くの弱った幹細胞を「活性化(元気づけ)」する機能があります。

それに対し、Cysayは230種類以上もの生理活性物質によって、必要な部分に失われた幹細胞を呼び寄せ、その部位を「再生」するとされています。

また、Cysayの幹細胞培養上清液は、再生医療の現場でも注目をされている、世界特許も取得しているCysay社の不死化ヒト歯髄幹細胞培養上清液を使用しており、より高いお肌の細胞修復・再生能力が期待できます。

不死化した幹細胞の培養上清を使った Cysay

Cysayと一般的な成長因子製品の違い

単独の成長因子または単独の
成長因子の組み合わせ配合の製品

必要な全ての成長因子が配合された製品
活性化

細胞などの活性化(元気づけ)が期待できる

必要な全ての成長因子が
配合された製品

単独の成長因子または単独の成長因子の組み合わせ配合の製品
再生化

組織などの再生が期待できる

Cysayから期待できる作用

  • リフトアップ
  • ハリ・ツヤ
  • 肝斑改善
  • シワ・たるみ改善
  • 肌トーンアップ
  • ニキビ・吹き出物の改善
  • ニキビ痕の改善
  • 吹き出物痕の改善 など

Cysayに含まれる主な成長因子100種類以上もの成長因子が幹細胞に総合的に働きかけます。

FGF
線維芽細胞の増殖を促進する成長因子。広範囲な細胞や組織の増殖・分化に重要。
EGF
様々な上皮細胞および内皮細胞の増殖を促進する強力な成長因子。
IGF-1
老化の抑制等が期待されるインスリン様効果に加え、細胞成長と発達、同様に細胞DNA合成を調節する。
Angiogenin
血管新生に関与する重要なタンパク質。細胞移動、浸潤、増殖および環状構造の形成をもたらす。

自己修復力を高め、再生を促す Cysayのクオリティポイント

「不死化幹細胞」で製品のクオリティが安定している

国際特許技術で不死化され、選び抜かれた優秀な幹細胞を常に使用。生物製剤の「個体差」というウィークポイントを克服し、どの製品にも安定した成分が配合されており、機能にバラつきがありません。 幹細胞培養上清は機能性が高い 幹細胞の培養液から数パーセントしか採取できない貴重な上澄みを「幹細胞培養上清」といいます。この部分は特に純度が高く、機能性に優れています。

安心の「MADE IN JAPAN」

細胞株の播種・ウイルス検査・培養・製造、全てが日本国内で行われているため、高品質で安全の担保された製品です。

「医療レベル」の製造・品質管理体制

クリーンルームで培養し、ウイルスフリーテストをはじめ医療と同レベルの数多くの検査を行い、安全テストをクリアしているので安心してお使いいただけます。
不死化幹細胞で製品のクオリティが安定している